toggle
歴史と酒と水の町「伏見」の商店街へようこそ
2011-05-16

いくつかの変遷を乗り越え大手筋商店街の発展と変遷

すずらん灯により商店街としての性格をもった大手筋は繁栄会を結成、洛南一の商店街として一致団結し前進しました。

その後、太平洋戦争による鉄材供出によりすずらん灯は姿を消しましたが、その10年後に街路灯を復活しようという機運が高まり、木柱にアングルを取り付けた街路灯38基を設置。

夜の大手筋は光を取り戻しました。

関連記事